結婚式での服装のマナー

結婚式に呼ばれた時のマナーをしっかりと守りましょう。
式や披露宴に呼ばれたときの服装にはマナーがあります。
秋冬に人気になるファーですが、原則としてNGとなっていますので、気を付けましょう。
よくいわれるのは、白系のドレスは花嫁のドレスと被ってしまいます。
白は花嫁の特権です。
クリーム色や薄いピンク系の色も写真を撮ると白っぽく写るので、避けた方が無難です。
露出度の高い服装もどのくらいなら良いか迷ってしまいます。
披露宴が夜におこなわれるのであれば、正礼装はイブニングドレスになります。
したがって、露出のあるドレスでも大丈夫です。
式の場合は、ドレスの上に羽織りものをして露出を避けることが重要です。
また、お色直しのドレスとかぶらないほうが無難です。

賢い結婚式をご提供します

小規模なお葬式でも心がこもっていたら良いのではないでしょうか。東京・大阪・横浜・埼玉お気軽にご相談下さい。

情報一覧

関連メニュー

結婚式場でのマナーについて、説明します。
受け付けを済ませたら、会場のスタッフや係員の指示に従

結婚式や披露宴のマナーについて

結婚式に参列する場合にはマナーを守らなければなりません。
女性の服装のマナーは必ず花嫁さんより

マナーを守り気持ちよく結婚式に参列する

20代女子ともなれば、結婚式にお呼ばれする機会も増えてきます。
友達、親戚、会社関係・・・様々

知らないと大恥。
結婚式のマナー

結婚式の招待状を受け取ったら、返信は明記された期限内に出すのはもちろん、できるだけ早く出します。 結婚式はマナーを心掛けて

Copyright© 結婚式 マナー All Rights Reserved.

結婚式での服装のマナー
結婚式 マナー